風景の中の風景
ルドンの「光」の部屋で
風の触手がしのびこんでくる頃

頭のてっぺんから冷えていくわたし

薄闇の部屋にいて

静かによこたわっている

石版画の白い空を見上げている

樹の無数にからみあい空に伸びる

その指のさきをひとつずつ数えている

冷気がからだを浸す

わたしは思わず目を閉じる

そしてわたしはわたしのなかに帰れなくなる

細い枝のあたりで鶫が啼いている

永久に光のさしこまない部屋

の淋しい窓の眼窩を

ついばんで  鶫は

見知らぬ方向へ

飛んでいく
次へ
詩集目次へ
戻る